葬儀での世話役の仕事

作者:   koueisaijyo   |   カテゴリー :   プラン

葬儀の際の世話役に臆以下のような係があります。

●進行係(葬儀社スタッフが担当することが多い)…僧侶や葬儀社との打ち合わせ、葬儀の進行全般に及ぶスケジュールの管理をします。

弔辞や弔電紹介を行うだいたいの時間を設定しておくと便利です。

また進行係が司会も行う場合は、焼香の順を読み上げるときのために、名前の読みと出欠を必ずチェックしておく必要があります。

●式場係(葬儀社スタツフか担当することが多い)…控え室や式場まで僧侶や会葬者を案内します。

また供物や供花の並べ方の点検、冷暖房の整備なども行います。

会葬礼状を用意した場合は、渡し忘れなどのないように出口で会葬者に手渡すようにします。

●受付係…葬儀の鋤分前には受付を開始します。

芳名帳や香典・供物帳、筆記用具をそろえておくことを忘れずに。

香典は早めに会計係に渡すようにしましょう。

余分なスペースがないときや、派手な葬儀を避けたいなどの理由で供物を辞退する場合は、お礼を述べ、丁重にお断りするようにします。

もし辞退することができず、届いてしまった場合は返却はせずに一受けとります。

●会計係…受付係から渡された香典を記帳、管理し、雑費の出納を行います。

●車両係…駐車場の確保、駐車場への案内と車両整理の他、火葬場に同行する人数を確認し、ハイヤーやマイクロバスを手配したりします。

●接待係…僧侶をもてなします。

また、精進落としの料理の注文、確認、食器などの準備もしておきます。

各世話役の食事の手配も忘れないようにしましょう。

葬儀前の確認

葬儀・告跳式当日はそれぞれの仕事を行いつつ、
喪主、
世話役、
葬儀社でもう一度式次第の確認を行います。

各世話役は、
それぞれの持ち場を点検します。

葬儀・告別式はスムーズに時間通りに行うことが大切です。

式場の準備、
セッティングは葬儀社が行います。

喪主や世話役が行うのは、
祭壇の飾り付けや供物・供花・花輪を並べる順序は必ず確認するようにします。

弔問客の数が当初の予想を超えることも考えられますので、
時間調整の行い方については、
事前に決めておく方がよいでしょう。

家族葬 公営斎場

1月 10, 2017