仏教では、「自業自得」が大原則である。

作者:   koueisaijyo   |   カテゴリー :   コラム

仏教では、「自業自得」が大原則である。

すべて自分がつくった業(善悪の行為)の報いを、自分が得るのである。

他人の業の報いを受けるのではない。

子どもは、親に涙を流させた罪を、いま饗の河原で受けているわけだ。

瓶ぬかふたないか裟婆に残りし父母は今日は七日や二七日ひやつかにちついぜんくょう四十九日や百箇日追善供養のその暇にただ明け募れに汝らの形身に残せし手遊びや太鼓人形かざぐるま若物を見ては泣き嘆きたっしや達者な子どもを見るにつけなぜにわが子は死んだかと酷や可哀や不悠やと親の咲きは汝らの責苦を受くる種となる親を嘆かせる罪の報いで子どもたちは苦しんでいるのだから、親が涙を流せば流すほど、子どもたちは鬼に責められるのだ。

それが論理である。

では、子どもたちは救われないのか?

そうではない。

子どもたちは、お地蔵さんが救ってくださる。

饗の河原で泣き叫ぶ子どもたちのところにお地蔵さんがあらわれて、「今日よりのちは我をこそ冥途の親と思うべし」と、子どもたちを仏の国に連れていかれるのだ。

それがお地蔵さんの仕事である。

だから、わたしたちは安心してよい。

子どもたちのことは、お地蔵さんにおまかせすれぱよいのだ。

そこに仏教の救いがある。

仏教では、親より先に死んだ子の罪は大きいとするが、その反面ではちゃんと救いを説いているのである。

罪だけを強調するのは、脅しでしかない。

仏教は、けっして脅しの宗教ではないのである。

それでもなお弔辞を述べる本人にすると緊張するのが現実ですから式の流れに盛り込まれるんであれば、早めに依頼して、承認を得るようにしましょう。
現状まで葬式業界を中継ぎに寺院と一般大衆は何とか繋がりを持ってきたが、その宗教的行為においても、宗教離れが始まった。
死没者の住居のまとめハウスクリーニング、不必要な物の処決などの遺品生理は、旧来家族の方の手で施工することが全体的でした。
四十九日法要の時とは違って日がたっても残存するもので大丈夫だと考えますし地域地区の風習等によっても、開きがありますので、百貨店などでお問い合わせされるのも仏具店などでご相談なされるのも、いいと考えます。
お通夜は本来は遺族が日が昇るまで仏にお供するものでしたが、最近では夜更け前に終了する半通夜がジェネリックです。

近頃ではメモリアルストーンの製造技術の大きな変化により形状の自由度が、めちゃくちゃ躍進し、オリジナルのメモリアルストーンを、個人で企画する事が、可能になったのです。
妻や家族への想いを知らせるノートとして、この上己のための記憶片付けメモとして、年代に縛られず気取らず綴ることが出来る、社会生活の中でも助けになるノートです。
仏様のお参りをする方が失い消えてしまうとか家族、の代理として、菩提寺(先祖のお墓があるお寺または法事・法要に供養をしてくれるお寺)の僧侶に託して、亡くなった家族の命日に、ある決められた年月、供養を実施していただく事、永代供養と呼称しています。
東京臨海斎場 葬儀予約 手続き窓口時は臨海斎場 葬儀予約 手続き窓口で葬儀社見積もりを14社以上検討してください。臨海斎場で葬儀を行えば葬儀式場費用を抑えた家族葬が可能です。火葬場とも併設しているので移動費用も削減できます。臨海斎場は公営斎場で有名なので弔問いただく方も分かりやすいと評判です。先ずは病院からご遺体を搬送する事が第一です。ご遺体を一旦ご自宅か安置施設に搬送すれば、少し落ち着いて葬儀について考える事が出来ます。当サイトで紹介する葬儀社は、その時点で納得いかなければ断れる葬儀社です。
葬儀・法事から色々なお手続き生活にからむサポートまで全部お任せして頂けるほかご家族の気持ちのケアにも、向き合っております。
具体的にいうとお葬式の会場一つにしても最高級ホテルの大会場が憧れだということもあれば、寺院の格式ある雰囲気の中で、お見送りされたいというご家族もおられます。

亡き人の生前からの考えを受けて親族だけで葬式をし終えたところお通夜から葬儀にかけて参列できなかった人が、お参りに足しげく我が家に、くるようになりました。
今までは通夜は故人の近い関係の人が夜更けまで仏に寄り添うのが習慣でしたが、近年は列席者をお迎えして通夜式を行い、2時間程度で完了するのが殆どです。
二世帯で住んでいた父が一人でとある日に徐に散歩に外出して毎回葬儀やお墓などのパンフレットを貰って帰ってきて色々と楽しそうに聞かせてくれました。


大事な方の危篤を先生から宣告されたら、血縁者や自分が会いたがっている方に、いの一番に連絡を取りましょう。
従来はメモリアルストーンとされるものは哀れな余韻があったようですが、最近は公園メモリアルストーン等の陽気な墓地が多数派です。

家族葬 公営斎場

2月 20, 2017