故人との別れを惜しむ自由な形の葬儀

大勢の会葬者を迎え、
立派に行われる葬儀・告別式ではなく、
近年は、
形式にとらわれず、
故人や遺族の思いを反映した自由な形の葬儀を望む傾向があります。

葬儀は、
故人を見送り最後の別れを惜しむためのものですが、
故人が亡くなってすぐに大きなお葬式を行うと、
遺族は別れを惜しむ暇もなく、
手配に追われなければなりません。

そのため、
遺族の心身の疲労は相当なものになります。

そうした遺族の負担を減らし、
十分別れを惜しむ時間をとるために、
式の規模や形式の自由を望むのは自然な流れといえるでしょう。

自由葬は宗教によらない葬儀

これまで日本では、
故人の信仰の有無にかかわらず、
ほとんど仏式の葬儀が行われてきました。

しかし、
最近では宗教の形式によらない自由葬も増えてきました。

仏式、
神式、
キリスト教式といった宗教によらない葬儀という意味で、
「無宗教葬」と呼ばれることがありますが、
宗教を否定しているわけではありません。

自由葬は葬儀の進行や演出に、
故人や家族の希望や趣向を生かすことで、
会葬者が故人の人柄や思い出にひたることができるように工夫されて行われます。

自由葬を行うときの注意点

自由葬を行うときには、以下のような点に注意します。

親族の了解を得にくい

故人の遺志によるということを説明する。

エンディングノートがあると了解を得やすい。

寺院の霊地に納骨できない場合がある

公営墓地への納骨を検討する。

菩提寺がある場合は、葬儀を仏式で行い、告別式を自由葬で行う方法もある。

法要が行えない場合一かある

誕生日など故人のゆかりの日に追悼式を行うなど方法を考える。

ただの宴会になるおそれがある

しっかりしたプランをたて、自由葬に慣れている葬儀社に依頼する。

2009/11/07 11:35

東京臨海斎場時は臨海斎場で葬儀社見積もりを14社以上検討してください。

臨海斎場で葬儀を行えば葬儀式場費用を抑えた家族葬が可能です。

火葬場とも併設しているので移動費用も削減できます。

臨海斎場は公営斎場で有名なので弔問いただく方も分かりやすいと評判です。

先ずは病院からご遺体を搬送する事が第一です。

ご遺体を一旦ご自宅か安置施設に搬送すれば、

少し落ち着いて葬儀について考える事が出来ます。

当サイトで紹介する葬儀社は、

その時点で納得いかなければ断れる葬儀社です。